メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外夏の甲子園 履正社が初優勝、星稜・奥川を攻略
第100回全国高校野球

東・西東京大会 組み合わせ決まる 100回目の夏、さあ本番 来月1日開幕 /東京

 第100回全国高校野球選手権の東・西東京大会(都高校野球連盟など主催)の組み合わせ抽選会が16日、渋谷区の青山学院PS講堂で開かれた。東大会は昨年より1校少ない140校、西大会は1校多い132校が出場し、8月5日に兵庫県の阪神甲子園球場で開幕する全国大会への出場権をめぐって熱戦を繰り広げる。

 抽選会で、都高野連の堀内正会長は「100回目を迎え、注目が集まっている。苦難を乗り越えた先輩の思いを引き継ぎ、のびのびプレーしてほしい。ファンの期待に応えられる大会になってもらいたい」とあいさつ。続いて、各チームの主将らが順番に組み合わせのくじを引いた。

 部員不足による連合チームは東大会が5チーム、西大会は2チームで、このうち東大会の大田桜台は立正大立…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文831文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです