メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

東・西愛知大会 大府コールド発進 愛工大名電も快勝 /愛知

 第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は1日、10球場で1回戦25試合を行った。東愛知大会では、第90回記念大会で東愛知代表として甲子園に出場した大府が11-0で内海にコールド勝ちしたほか、豊橋西が延長十四回(十三回からタイブレーク)の接戦を制した。西愛知大会では「私学4強」の一角を占める愛工大名電が9-2で豊明を降し、100回連続出場の旭丘も初戦を突破した。両大会は7日に再開され、10球場で1、2回戦計26試合が行われる予定。【高井瞳、石塚誠】

この記事は有料記事です。

残り3093文字(全文3340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです