メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

東・西愛知大会 蒲郡東、逆転勝ち 岩倉総合、延長戦制す /愛知

 第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は7日、9球場で1、2回戦22試合を行った。雨の影響で一宮、小牧両球場で予定されていた4試合が8日に延期となった。東愛知大会では蒲郡東が豊丘に逆転勝ちし、3回戦に進出。西愛知大会では、東郷の眞田が15奪三振の好投をみせ東海に3-1で勝利し、岩倉総合は延長十三回(十三回はタイブレーク)の接戦を制した。8日は延期された4試合を含め10球場で1、2回戦計25試合が行われる予定で、東愛知大会ではシードの8校が登場する。【高井瞳】

この記事は有料記事です。

残り2059文字(全文2312文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです