メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

千葉大会 開幕 163チーム、つかめ「夏」 /千葉

選手宣誓、東大会「感謝の気持ち込め」/西大会「全てを懸けプレー」

 第100回全国高校野球選手権記念千葉大会(県高野連、朝日新聞社主催)が11日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで開幕した。東千葉大会83チーム(87校)、西千葉大会80チーム(83校)の計163チーム(170校)が出場する。【富美月、加藤昌平】

     東大会は幕張総合の石川慶太郎さん(3年)、西大会は船橋の前嶋優希さん(同)の先導で、出場校の登録選手約3050人がブラスバンドの演奏に合わせて入場。スタンドからの大きな声援に応えるように、掛け声でリズムを取りながら元気良く行進した。

     開会式では、東大会出場の翔凜、泉谷優翔主将(同)が「感謝の気持ちを一投一打に込める」と宣誓した。チーム全員が左の手のひらに「感謝」と書いて式に臨み、宣誓にも「感謝」という言葉を6回入れた。泉谷主将は取材に「お世話になった全ての方に感謝を届けられるように頑張りたい」と話した。

     西大会出場の昭和学院の井上凱仁主将(同)は「平成最後の夏に戦国千葉で、3年間の全てを懸けてプレーする」と宣誓した。部員同士で盛り込みたい言葉を出し合った。宣誓後、井上主将は「100点」と笑顔を見せ、「先輩方が積み重ねた100年を次の100年につなげられるようにしたい」と話した。

    東京学館船橋、開幕戦制す

     この日は、開幕試合の西大会1回戦1試合があり、東京学館船橋が25-0で白井にコールド勝ち。12日は県野球場など10球場で、東大会1回戦19試合、西大会1回戦9試合が行われる。東大会は25日、西大会は26日に予定されている決勝まで熱戦を繰り広げる。

     ▽1回戦

    東京学館船橋

      451024=25

      00 000=0

    白井

     (五回コールド)

    この経験を糧に

     ○…東京学館船橋にコールド負けした白井の村山裕太主将はチーム唯一の3年生。2年前は単独チームでの出場さえかなわなった。1年の冬には先輩と2人だけで練習したこともあった。桜井剛監督は「後輩を勧誘しながら頑張っていた。昨夏から単独チームで出場し続けられたのは彼の力」とねぎらった。村山主将は「最後にマリンスタジアムで試合ができ、続けてきて良かった。この先大変なことがあってもこの経験を糧に頑張りたい」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
    4. 無許可走行 特殊車両、公道で鉄道客車運搬 大阪の会社を県警捜査 /静岡
    5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]