メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

香川大会 大手前高松、逆転勝ち シード3校が3回戦進出 /香川

【多度津-大手前高松】七回裏大手前高松1死一、三塁、西本の犠飛で4点目が入る=高松市生島町のレクザムスタジアムで、山口桂子撮影

 第100回全国高校野球選手権記念香川大会(県高野連など主催)は11日、高松市生島町のレクザムスタジアムで2回戦3試合があった。いずれもシード校が勝利し、3回戦進出を決めた。

 大手前高松は終盤の好機を生かし多度津を降した。英明は小刻みな加点で坂出に、寒川も中盤以降の大量点で飯山にそれぞれコールド勝ちした。

 12日は香川中央とシード校・高松商の試合など2回戦3試合が丸亀市金倉町のレクザムボールパーク(BP…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  2. きょうのセカンドオピニオン 起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです