メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

香川大会 大手前高松、逆転勝ち シード3校が3回戦進出 /香川

【多度津-大手前高松】七回裏大手前高松1死一、三塁、西本の犠飛で4点目が入る=高松市生島町のレクザムスタジアムで、山口桂子撮影

 第100回全国高校野球選手権記念香川大会(県高野連など主催)は11日、高松市生島町のレクザムスタジアムで2回戦3試合があった。いずれもシード校が勝利し、3回戦進出を決めた。

 大手前高松は終盤の好機を生かし多度津を降した。英明は小刻みな加点で坂出に、寒川も中盤以降の大量点で飯山にそれぞれコールド勝ちした。

 12日は香川中央とシード校・高松商の試合など2回戦3試合が丸亀市金倉町のレクザムボールパーク(BP…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです