メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

新潟大会 シード校敗退相次ぐ 十日町・中町投手、7回を無安打無得点 /新潟

 第100回全国高校野球選手権記念新潟大会(県高野連など主催)は12日、新潟市のみどりと森の運動公園野球場など6球場で2回戦16試合が行われた。昨夏4強入りした第6シードの高田北城は延長十二回の死闘の末、東京学館新潟にサヨナラ負け。同じく第6シードの村上桜ケ丘も新発田南に敗北するなど、シード校の初戦敗退が相次いだ。【北村秀徳】

 高田北城と対戦した東京学館新潟は四回、小林(3年)、鈴木(同)が連続安打で出塁すると、井川(同)の…

この記事は有料記事です。

残り2415文字(全文2629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです