メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

部員1人の夏燃焼、助っ人加勢 青森・大湊川内

試合中、仲間に指示を出す山道昴昇主将(右)=青森県八戸市で2018年7月12日、北山夏帆撮影

 生徒数の減少で2020年度での廃校が決まっている青森県立大湊高川内校舎の野球部が12日、第100回全国高校野球選手権記念青森大会の1回戦に出場した。部員は投手の山道昴昇主将(3年)、ただ一人。他の運動部員や本校の大湊高などから助っ人を借り、最初で最後の夏に挑んだが、0-38の完敗。試合後、目に涙を浮かべながら「9人でやる野球はやっぱり楽しかった」と笑顔を見せた。

 山道主将は幼稚園の頃から野球を始め、中学まで続けた。母親の反対で高校では吹奏楽部に入ったが、中学時…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです