メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

岡山大会開幕 豪雨被害で避難所から通う選手も

岡山大会で堂々と行進する水島工の選手たち=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2018年7月13日午前10時5分、佐藤裕太撮影

「前向きになれるよう、地域を元気づけたい」

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県で13日、第100回全国高校野球選手権記念岡山大会が開幕した。開会式では選手たちが犠牲者へ黙とうをささげ、選手宣誓で作陽の橋本竜太主将(3年)が被災地を勇気づけることを誓った。

 50人の犠牲者が出た倉敷市真備町出身の選手が3人いる水島工も18人全員で行進。自宅が浸水し、避難所から通う小川颯太選手(3年)は「絶望的な気持ちから、前向きな気持ちになれるよう地域を元気づけたい」とグラウンドを踏みしめ、14日の試合へ気持ちを高めた。

 6日から記録的な大雨に見舞われ、7日に高梁川の支流の小田川の堤防が決壊した。小川選手は水につかった…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです