メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」

最後の夏で投球する大湊川内の山道昴昇主将(3年)=青森県八戸市で2018年7月12日、北山夏帆撮影

青森県立大湊高川内校舎 本校の大湊高などから助っ人借りて

 生徒数の減少で2020年度での廃校が決まっている青森県立大湊高川内校舎の野球部が12日、第100回全国高校野球選手権記念青森大会の1回戦に出場した。部員は投手の山道昴昇主将(3年)、ただ一人。本校の大湊高や運動部などから助っ人を借り、試合に臨んだ。結果は38-0で完敗だったが、「練習してきたことをすべて試合にぶつけられた。悔いはない」と胸を張った。

 山道選手は幼稚園の頃から野球を始め、中学まで続けた。高校入学当初は吹奏楽部に入ったが、中学時代の仲…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです