メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

山口 伝統校対決、宇部商制す シード校は順当勝ち /山口

 第100回全国高校野球選手権記念山口大会(県高野連など主催)は14日、宇部市のユーピーアールスタジアムなど県内4球場で1回戦13試合があった。

 この日からシード校が登場し、早鞆はコールド勝ち、岩国も熊毛南を10-7で降して順当に勝ち進んだ。宇部商は下関商との伝統校対決に競り勝ち、小野田、下松、香川、高水も接戦を制した。徳山高専、豊浦、柳井学園なども快勝。美祢青嶺、光、光丘も2回戦に駒を進めた。

 15日は1回戦12試合がある。連合チームの響・下関北などが登場し、2回戦進出チームが出そろう。【平塚裕介、佐藤緑平、坂野日向子】

この記事は有料記事です。

残り2074文字(全文2338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです