メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

高知大会 高知工、接戦制し8強 明徳義塾、土佐も /高知

【明徳義塾-高知中央】六回表明徳義塾2死二塁、眞鍋の適時二塁打で逆転=高知市春野町の県立春野球場で、北村栞撮影

 第100回全国高校野球選手権記念高知大会は16日、高知市営球場(高知市大原町)と県立春野球場(同市春野町芳原)で1回戦2試合と2回戦3試合の計5試合があった。

 2回戦では、大会9連覇を目指す第1シードの明徳義塾が初回裏にリードを許しながらも4-2で高知中央を降した。第4シードの土佐は七回裏、1死三塁から内田武蔵主将(3年)が今大会初本塁打を放つなど高知西を圧倒し、6-0で零封した。高知工も宿毛との接戦を4-2で制し、3校は8強入りを決めた。1回戦2試合は清水・幡多農・窪川の連合と高知追手前がともに快勝し、2回戦に勝ち進んだ。

 20日には春野球場で2回戦3試合が行われる。【北村栞】

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. 7カ月乳児が市営住宅9階から転落死 母親を殺人容疑で逮捕 大阪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです