メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第100回全国高校野球

群馬大会 8強出そろう 市太田、富岡が敗退 /群馬

あすから準々決勝 健大高崎×伊勢崎清明、関東学園大付×藤岡中央、高崎商×前橋工、前橋育英×前橋商

 第100回全国高校野球選手権記念群馬大会(県高野連など主催)は19日、上毛新聞敷島球場などで3回戦の残り4試合があった。高崎商、前橋工、前橋商、前橋育英の4校が勝ち、ベスト8が出そろった。前橋育英は4番・小池の2本塁打を含め14安打の猛攻で新田暁に七回コールド勝ち。ノーシードの高崎商はエース小沢が春4強の市太田打線を1点に抑える好投を見せた。前橋工はシード校の富岡にコールド勝ちした。4強をかけた準々決勝は21、22日に上毛新聞敷島球場で行われる予定。【菊池陽南子】

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1160文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです