メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

栃木大会 作新、逃げ切りV 白鴎大足利を降す /栃木

 宇都宮市の宇都宮清原球場で22日に行われた第100回全国高校野球選手権記念栃木大会(県高野連など主催)決勝で、作新学院は自らの大会記録を更新する8連覇を果たし、県内最多の14回目の夏の甲子園出場を決めた。白鴎大足利との接戦を2-0で制し、夏の栃木大会の連勝を48に伸ばした。

 作新学院は準々決勝で佐野日大に13-1で快勝すると勢いに乗り、準決勝の宇都宮工との投手戦を2-1で制した。決勝では6試合連続となる先制点を挙げ、そのまま逃げ切り、62校59チームの頂点に立った。

 全国大会は8月5日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕。2016年以来2年ぶり3度目の夏の甲子園制…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです