メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

富山大会 決勝は富山第一VS高岡商 石動、高岡第一は力尽きる /富山

【石動-富山第一】四回裏富山第一2死三塁、蓬沢が適時内野安打を放ち、勝ち越し=富山市の市民球場アルペンスタジアムで、森野俊撮影

 第100回全国高校野球選手権記念富山大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は23日、富山市の富山市民球場アルペンスタジアムで準決勝2試合があった。富山第一は石動に逆転勝利し、連覇を狙う高岡商は高岡第一との打撃戦を制してそれぞれ全国大会出場をかけた決勝に駒を進めた。決勝は、24日午後1時から同球場である。【森野俊、山口敬人】

この記事は有料記事です。

残り1342文字(全文1505文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです