メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

群馬大会 健大高崎×前橋育英 甲子園懸け、きょう決勝 /群馬

 第100回全国高校野球選手権記念群馬大会(県高野連など主催)は24日、上毛新聞敷島球場で準決勝2試合があり、健大高崎と前橋育英が決勝に駒を進めた。健大高崎は高崎商との接戦を制し、前橋育英は13安打の猛攻で関東学園大付に六回コールド勝ち。夏の県大会決勝は3年連続で両校の対戦となった。一昨年、昨年はいずれも前橋育英が制した。健大高崎が雪辱を果たすか、前橋育英が3年連続で夏の甲子園切符を勝ち取るのか。決勝は25日午前10時から上毛新聞敷島球場。【菊池陽南子、神内亜実】

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1679文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです