メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

京都大会 決勝 龍谷大平安、完封V 甲子園通算100勝、あと一つ 立命館宇治に11安打 /京都

優勝を決めマウンドに集まる龍谷打平安の選手たち=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、矢倉健次撮影

 第100回全国高校野球選手権記念京都大会(府高野連・朝日新聞社主催)の決勝が26日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)であり龍谷大平安が11-0で立命館宇治を破り優勝。4年ぶり34回目となる夏の甲子園出場を決めた。あと1勝に迫っている甲子園春夏通算100勝を大きな節目の大会で目指す。打線が好調を維持する龍谷大平安はこの日も11安打を放ち、今大会4回目の零封。立命館宇治に付け入る隙(すき)を与えなかった。全国大会は8月5日から阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で史上最多の56校が出場して開かれる。【矢倉健次、大東祐紀】

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです