メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

東兵庫大会 報徳学園、完封で全国へ 3回連続「東兵庫」制覇 /兵庫

校歌を歌い終え、応援のスタンドに向けて駆け出す報徳学園の選手たち=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、黒川優撮影

 第100回全国高校野球選手権記念東・西兵庫大会(県高野連など主催)は28日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で東兵庫の決勝があり、報徳学園が2-0で市尼崎を降して8年ぶり15回目の全国大会出場を決めた。緊迫した投手戦の末、相手守備の乱れで得た2点をエース渡辺友が守りきった。記念大会で東西に分かれて兵庫大会が行われるようになった第80回大会以来、報徳学園は3回連続の東兵庫制覇で、春を含めると3季ぶり36回目の甲子園。西兵庫代表の明石商とともに出場する全国大会は8月2日に組み合わせ抽選があり、5日に開幕する。【黒詰拓也、黒川優】

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです