メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園で校歌を

藤蔭28年ぶり夏の挑戦/上 打球の進化 スイング改善&パワーアップ /大分

 「大会の反省をして考えながら打て。低いヒットになるような打球だ」。原秀登監督から指示が飛ぶ。夏の甲子園出場を決めた2日後の27日。藤蔭の選手たちは、バッティングマシンから出されるボールをとらえようと、鋭いスイングを繰り返した。「集中!」。熊懐(くまだき)郁祐主将(3年)を中心に選手たちから自然と気合の言葉が出る。甲子園に出発する直前まで、打撃練習の手を緩めるつもりはない。

 この1年で「守備重視」が「打」のチームに生まれ変わった。きっかけは昨秋の県選手権支部予選。相手はく…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです