メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園で校歌を

藤蔭28年ぶり夏の挑戦/中 チーム一丸 1年間で急造エース、野手が支え /大分

 エースの市川晃大投手(3年)にとって青天の霹靂(へきれき)だった。新チームが始動したばかりの昨年8月下旬。「明日から投手な」。打撃投手を手伝った練習の終わり、原秀登監督から突然、告げられた。新チームまで外野手としてベンチ入りもしていなかった市川投手。「俺が?」。非常に驚いたが、すぐに「信頼される投手になりたい」と闘志を燃やした。

 チームは深刻な状態に陥っていた。エース候補の投手が利き腕の右肘に違和感を覚え、それが抜けない。核に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 勝利に両手、両膝をコートに 錦織「とても幸せ」 全豪テニス3回戦進出
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです