メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

球史が動いた夏

第100回全国高校選手権を前に/4 世界との違い契機に 第78回大会「奇跡のバックホーム」捕手

「奇跡のバックホーム」などについて振り返る石丸裕次郎さん=大阪市内で2018年7月17日、新井隆一撮影

第78回大会(1996年)

 松山商(愛媛)の捕手だった石丸裕次郎さん(39)は負けを覚悟した。「球が甘く、打たれた瞬間も(右翼手の)頭を越されたと思った」

 第78回大会(1996年)決勝の松山商-熊本工戦。3-3の十回裏1死満塁、熊本工・本多大介の打球は右翼後方へのフライ。誰もがサヨナラ右犠飛と思った瞬間、右翼手の矢野勝嗣の本塁返球は山なりのノーバウンドで捕手のミットに届いた。「来た、来た、来たと思った。捕った瞬間、三塁走者がぶつかってきた」と石丸さん。本塁タッチアウトで併殺となり、松山商は十一回に勝ち越して5回目の優勝を飾った。この「奇跡のバックホーム」はその直前に右翼手を矢野に交代させた松山商・沢田勝彦監督の好采配も含めて、甲子園の歴史に刻まれた。

 歴史には続きがある。石丸さんはその大会後、米国で開催された世界4地域親善大会に日本選抜の選手として…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1041文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです