メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

「勝って恩返しを」 報徳学園と明石商、壮行会で健闘誓う /兵庫

壮行会で甲子園での健闘を誓う報徳学園(左)と明石商の選手たち=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会に出場する東兵庫代表・報徳学園(西宮市)と西兵庫代表・明石商(明石市)の壮行会(県高野連主催)が1日、神戸市中央区のホテルであり、両校の選手が健闘を誓った。

 田靡(たなびき)幸夫・県高野連会長が「苦しみ抜いて優勝した地方大会を糧に、甲子園で全力を尽くしてほしい」とあいさつ。荒木一聡副知事らが祝辞を述べ、福留和年・県高野連理事長が激励した。

 両校の選手が紹介された後、報徳学園の神頭勇介主将が「地方大会で負けたチームの分まで勝ち進みたい」と…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです