メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第100回全国高校野球 次の100回つなげる

 開会式で、1915年の第1回大会(当時は全国中等学校優勝野球大会)から地方大会に連続出場している15校の主将が行進を先導した。その先頭を歩いたのは、第1回大会で広島国泰寺(当時広島中)との開幕試合を制した鳥取西(当時鳥取中)の浜崎滝大郎主将(3年)。「次の100回につながるように」との思いを込めて大役を務めた。

 浜崎が甲子園の土を踏めたのは「先輩たちが受け継いでくれたおかげ」だ。今大会の代表が史上最多56校な…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文484文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです