メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

慶応がサヨナラ 粘る中越振りきる

【中越-慶応】慶応の先発・生井=阪神甲子園球場で2018年8月5日、渡部直樹撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会初日の5日、阪神甲子園球場で1回戦3試合があった。第3試合は慶応(北神奈川)と中越(新潟)が対戦、慶応が3-2で中越をサヨナラで降し、2回戦に進出した。同点で迎えた九回、慶応は2死一、二塁から宮尾の適時打で決着をつけた。中越は先発の右腕・山本と左腕・山田の継投で粘ったが、最終回に力尽きた。

 〇慶応(北神奈川)3-2中越(新潟)●(5日・阪神甲子園球場、1回戦)

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文480文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は短距離離陸型F35B
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです