メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

慶応がサヨナラ 粘る中越振りきる

【中越-慶応】慶応の先発・生井=阪神甲子園球場で2018年8月5日、渡部直樹撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会初日の5日、阪神甲子園球場で1回戦3試合があった。第3試合は慶応(北神奈川)と中越(新潟)が対戦、慶応が3-2で中越をサヨナラで降し、2回戦に進出した。同点で迎えた九回、慶応は2死一、二塁から宮尾の適時打で決着をつけた。中越は先発の右腕・山本と左腕・山田の継投で粘ったが、最終回に力尽きた。

 〇慶応(北神奈川)3-2中越(新潟)●(5日・阪神甲子園球場、1回戦)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです