メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

佐久長聖、光る粘り 終盤ピンチ、守りきる /長野

 第100回全国高校野球選手権記念大会第2日の6日、県代表の佐久長聖は第4試合で北北海道代表の旭川大高と対戦。春夏通じて初のタイブレークとなった試合を5-4で制し、2回戦進出を決めた。一度は勝利目前となった九回、同点に追いつかれたが、タイブレークに入って2イニング目の延長十四回に貴重な1点を挙げて試合を決めた。途中からナイター照明が輝く中、佐久長聖の生徒らは三塁側のアルプス席から熱戦を見守り、最後まで声をからして応援した。佐久長聖は大会第9日の13日、佐賀商(佐賀)と高岡商(富山)戦の勝者と対戦する。【原奈摘、川崎健、清水晃平】

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです