メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

兄弟で目指した初白星 北照・三浦主将の兄、三浦将吾さん

 第100回全国高校野球選手権記念大会2日目の6日に登場した南北海道代表の北照。捕手、三浦響(ひびき)主将(3年)の兄で会社員の将吾さん(25)は勤務先のある静岡県から駆けつけ、誰よりも声を張り上げた。将吾さんの声が夏の甲子園に響き渡るのは8年ぶりだ。

 将吾さんは2010年、北北海道代表・旭川実の三塁手として甲子園の土を踏んだ。1回戦で佐賀学園(佐賀)と対戦。安打を放ち、大きな声でチームと自分を鼓舞した。その様子を、当時小学4年生だった三浦主将はスタンドから見守っていた。試合には敗れたが「輝…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです