メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園大会で初のタイブレーク

【佐久長聖-旭川大高】延長タイブレーク十三回無死一、二塁。春夏通じて初めてとなったタイブレーク=阪神甲子園球場で2018年8月6日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は第2日の6日、1回戦の佐久長聖(長野)-旭川大高(北北海道)が延長十二回を終えて4-4のまま決着がつかず、タイブレークに突入した。タイブレークの試合は甲子園大会で春夏通じて初めて。

 タイブレーク制度は、今春のセンバツ大会…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです