メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

終盤に逆転 常葉大菊川が益田東に競り勝つ

【益田東-常葉大菊川】四回裏常葉大菊川無死二塁、奈良間が中越え2点本塁打を放つ(捕手・中山)=阪神甲子園球場で2018年8月7日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第3日の7日、阪神甲子園球場で1回戦4試合があった。第4試合は益田東(島根)と常葉大菊川(静岡)が対戦、常葉大菊川が8-7で益田東に競り勝ち、2回戦に進出した。常葉大菊川は一時5点差をひっくり返されたが、終盤に逆転。益田東は2桁安打で7点を奪うも一歩及ばなかった。

 〇常葉大菊川(静岡)8-7益田東(島根)●(7日・阪神甲子園球場、1回戦)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです