メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

終盤に逆転 常葉大菊川が益田東に競り勝つ

【益田東-常葉大菊川】四回裏常葉大菊川無死二塁、奈良間が中越え2点本塁打を放つ(捕手・中山)=阪神甲子園球場で2018年8月7日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第3日の7日、阪神甲子園球場で1回戦4試合があった。第4試合は益田東(島根)と常葉大菊川(静岡)が対戦、常葉大菊川が8-7で益田東に競り勝ち、2回戦に進出した。常葉大菊川は一時5点差をひっくり返されたが、終盤に逆転。益田東は2桁安打で7点を奪うも一歩及ばなかった。

 〇常葉大菊川(静岡)8-7益田東(島根)●(7日・阪神甲子園球場、1回戦)

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文484文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです