メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

終盤に逆転 常葉大菊川が益田東に競り勝つ

【益田東-常葉大菊川】四回裏常葉大菊川無死二塁、奈良間が中越え2点本塁打を放つ(捕手・中山)=阪神甲子園球場で2018年8月7日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第3日の7日、阪神甲子園球場で1回戦4試合があった。第4試合は益田東(島根)と常葉大菊川(静岡)が対戦、常葉大菊川が8-7で益田東に競り勝ち、2回戦に進出した。常葉大菊川は一時5点差をひっくり返されたが、終盤に逆転。益田東は2桁安打で7点を奪うも一歩及ばなかった。

 〇常葉大菊川(静岡)8-7益田東(島根)●(7日・阪神甲子園球場、1回戦)

 常葉大菊川が益田東と打ち合い、シーソーゲームを制した。1点を追う八回1死一塁、神谷の左中間適時二塁打で同点。さらに神谷が三盗し、捕手の悪送球を誘って勝ち越した。四回の奈良間の中越え本塁打を含め5長打とフルスイングが光った。益田東は七回に4安打を集中して最大5点差を逆転したが、球威が落ちた右腕・和田が粘れなかった。

 常葉大菊川・高橋利和監督 一回に奈良間がフルスイングでいきなり出塁して勢いが出た。八回は神谷の積極的な三盗が相手の焦りを呼んだと思う。

 益田東・大庭敏文監督 相手の積極的な走塁に1点の差を感じる。5点差に広がっても焦らず、六、七回の集中打はいつも通りの力を出してくれた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです