メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

土浦日大、粘り及ばず 九回に意地の一発 監督・主将の話 /茨城

好機に打てず残念 土浦日大・小菅勲監督

 富田の投球は昨年に比べ成長したが、思ったよりも興南に打ち込まれた。六回、八回の好機に打てなかったのも負けた要因。またここに立つことを目標にしてきたが、負けたのは残念だ。

打つ気持ち強すぎ 土浦日大・鈴木健太主将

 甲子園で打ちたいという気持ちが強すぎ、藤木投手の球…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです