メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

創成館・松山隆一選手 「被爆3世」胸に 戦争で大会中止、球児の悔しさ想像し

 73年前の長崎に原爆が投下された9日、夏の甲子園で初戦に臨んだ創成館(長崎)の松山隆一右翼手(3年)は、戦争で野球ができなかった当時の球児らに思いをはせ、グラウンドに立った。自らも被爆3世。「特別な日に勝つことができず悔しい」と声を落としたが、アルプス席から見守った球児で双子の弟隼人さん=長崎県立小浜高3年=の目に、その姿はまぶしかった。

 高校に入ってから迎えたお盆休み。松山選手が寮から長崎県雲仙市の自宅に帰省し、隼人さんらと過ごしてい…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです