メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

報徳学園が聖光学院との接戦制す

【報徳学園-聖光学院】八回表報徳学園1死三塁、長尾が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月11日、渡部直樹撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第7日の11日、阪神甲子園球場で1回戦2試合と2回戦2試合の計4試合。この試合から2回戦となる第3試合は、報徳学園(東兵庫)が3-2で聖光学院(福島)との接戦を制し、3回戦に進んだ。

 報徳学園は初回、先頭打者の小園が2塁打と犠打で三塁まで進むと、3番・長尾の遊ゴロの間に生還。六回に同点とされたが、八回に1番・小園が今日3本目となる二塁打を左前に放ち、2番・村田が犠打で三塁へ送ると、3番・長尾の左前適時打で勝ち越した。聖光は1点を追う六回に4番・須田、5番・五味、6番・星の3連打で同点に追いつき、なおも無死一、二塁の好機を迎えたが、…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです