メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

報徳学園が聖光学院との接戦制す

【報徳学園-聖光学院】八回表報徳学園1死三塁、長尾が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月11日、渡部直樹撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第7日の11日、阪神甲子園球場で1回戦2試合と2回戦2試合の計4試合。この試合から2回戦となる第3試合は、報徳学園(東兵庫)が3-2で聖光学院(福島)との接戦を制し、3回戦に進んだ。

 報徳学園は初回、先頭打者の小園が2塁打と犠打で三塁まで進むと、3番・長尾の遊ゴロの間に生還。六回に同点とされたが、八回に1番・小園が今日3本目となる二塁打を左前に放ち、2番・村田が犠打で三塁へ送ると、3番・長尾の左前適時打で勝ち越した。聖光は1点を追う六回に4番・須田、5番・五味、6番・星の3連打で同点に追いつき、なおも無死一、二塁の好機を迎えたが、交代した報徳学園の2番手投手・木村に後続を抑えられた。

 ○報徳学園(東兵庫)3-2聖光学院(福島)●(11日・阪神甲子園球場、2回戦)

 報徳学園が小園の3二塁打の活躍で競り勝った。同点の八回、小園の左中間二塁打と村田の犠打で1死三塁とし、長尾の左前適時打で勝ち越した。六回途中で救援した2番手・木村が4回を無失点に抑え、試合の流れを渡さなかった。聖光学院は一回に須田、六回に星の適時打で2度追いついたが、終盤の好機を生かせなかった。

 報徳学園・大角健二監督 小園が全ての点に絡むとは想像していなかった。木村は終盤に強い投手。調子が悪いなりに締めてくれた。

 聖光学院・斎藤智也監督 点を取り切れなかった。相手はバントを確実に得点につなげ、こちらは決められなかった。バントの差が勝敗を分けた。

1試合個人最多二塁打3=大会タイ

 報徳学園の小園海斗内野手(3年)が聖光学院戦で記録。第97回大会(2015年)で東海大相模の杉崎が準決勝の関東一戦で記録して以来28回目。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月18日の試合

話題の記事

関連サイト