メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

奈良大付が甲子園初勝利 羽黒降す

【奈良大付-羽黒】五回表奈良大付無死一塁、宮川が右中間に2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月10日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第6日の10日、阪神甲子園球場で1回戦3試合。第3試合は夏初出場の奈良大付(奈良)が羽黒(山形)を4-1で降し、甲子園初勝利を挙げた。

 奈良大付は一回無死二塁から植垣の犠打が内野安打となり、敵失も絡んで先制。五回には宮川が右中間へ2ランを放つなどしてリードを広げた。先発の木村は走者を背負いながらも粘りの投球で完投。羽黒は五回に鈴木の中前適時打で1点を返したが、及ばなかった。

○奈良大付(奈良)4-1羽黒(山形)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

 奈良大付が逃げ切った。一回無死二塁から植垣のセーフティーバント(記録は内野安打)が敵失を誘って1点を先取。五回に宮川の2点本塁打で加点し、八回は上野の犠飛で突き放した。木村はスライダーを低めに集めて8奪三振、1失点完投。羽黒は五回に鈴木の適時打で1点を返したが、終盤の好機に決定打を欠いた。

 奈良大付・田中一訓監督 木村は直球を内外角に投げ分け、低めの制球も良かった。1勝まで長かった。

 羽黒・小泉泰典監督 木村君の切れの良い、低めのスライダーに、手が出てしまった。(守りで)走者を出す回が多く、攻撃にリズムが生まれなかった。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月16日の試合

話題の記事

関連サイト