メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

奈良大付が甲子園初勝利 羽黒降す

【奈良大付-羽黒】五回表奈良大付無死一塁、宮川が右中間に2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月10日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第6日の10日、阪神甲子園球場で1回戦3試合。第3試合は夏初出場の奈良大付(奈良)が羽黒(山形)を4-1で降し、甲子園初勝利を挙げた。

 奈良大付は一回無死二塁から植垣の犠打が内野安打となり、敵失も絡んで先制。五回には宮川が右中間へ2ランを放つなどしてリードを広げた。先発の木村は走者を背負いながらも粘りの投球で完投。羽黒は五回に鈴木の中前適時打で1点を返したが、及ば…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです