メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

チーム勢いづける三塁打 木更津総合・東

【木更津総合-敦賀気比】六回表木更津総合1死満塁、東が右越え3点三塁打を放つ(捕手・杉森)=阪神甲子園球場で2018年8月10日、平川義之撮影

 ○木更津総合(東千葉)10-1敦賀気比(福井)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

 木更津総合の1番・東が3点三塁打でチームを勢いづけた。リードを2点に広げた直後の六回1死満塁。凡退した第3打席までは「力んでいた」と、バットを指3本分短く持った。外角の変化球を捉えると、打球はワンバウンドで右翼フェンスに到達した。

 「あまり覚えていない」と興奮気味に振り返った東。昨年までは2年続けて好投手を擁したが、今年は「打のチーム」。初戦から12安打10得点と強打を印象付けた。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月16日の試合

話題の記事

関連サイト