メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

「真っすぐに絞って」一矢 敦賀気比・阪口

【木更津総合-敦賀気比】六回裏敦賀気比2死一、二塁、阪口が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月10日、渡部直樹撮影

 ○木更津総合(東千葉)10-1敦賀気比(福井)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

 敦賀気比の4番・阪口が一矢報いた。六回2死一、二塁の打席は「真っすぐに狙いを絞っていた」。4球目の外角直球を中前にはじき返して唯一の得点をたたき出した。

 八回2死一塁の第4打席も、直球を豪快に引っ張って左越え二塁打…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです