メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

「真っすぐに絞って」一矢 敦賀気比・阪口

【木更津総合-敦賀気比】六回裏敦賀気比2死一、二塁、阪口が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月10日、渡部直樹撮影

 ○木更津総合(東千葉)10-1敦賀気比(福井)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

 敦賀気比の4番・阪口が一矢報いた。六回2死一、二塁の打席は「真っすぐに狙いを絞っていた」。4球目の外角直球を中前にはじき返して唯一の得点をたたき出した。

 八回2死一塁の第4打席も、直球を豪快に引っ張って左越え二塁打。走者を置いた2打席はいずれも安打を放ち、福井大会5試合で12打点を挙げた勝負強さを示した。「凡退もいい当たりをしていた。バットも振れていたし、悪くなかった」。力を出し切った満足感からか、涙はなかった。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月16日の試合

話題の記事

関連サイト