メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

決定打許さず、木村完投 奈良大付が初勝利

【奈良大付-羽黒】九回裏羽黒2死一、二塁、最後の打者を内野フライに仕留め、叫ぶ奈良大付の木村=阪神甲子園球場で2018年8月10日、山田尚弘撮影

○奈良大付(奈良)4-1羽黒(山形)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

     奈良大付の木村が1失点完投し、チームを春夏通じて初勝利に導いた。「うれしいしか言葉が出ない」と笑顔。序盤にピンチを招いても「変化球でカウントを取れる日は良い投球ができる」と焦らず、2種類のスライダーを軸に決定打を許さなかった。

     今夏の奈良大会で公式戦初登板し、まだまだ成長過程。この日も最速を1キロ更新する143キロを計測した。「緊張もあり、後半は球威が落ちたが、もう大丈夫」と次戦を見据えた。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    8月20日の試合

    話題の記事

    関連サイト