メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

水分補給・休憩のため10分間中断

【折尾愛真-日大三】八回のイニング開始直前に設けられた給水タイム。ベンチで水を飲む日大三の選手たち=阪神甲子園球場で2018年8月10日、山田尚弘撮影

第100回全国高校野球選手権記念大会

 10日の日大三-折尾愛真戦で、選手の水分補給と休憩のため、七回終了時の午後2時57分から10分間、試合が中断した。大会本部が気象条件や試合開始から2時間20分近く経過していたことを考慮した。

     今大会から熱中症対策として定めた「大会本部の判断で試合中、給水・休憩のための時間を取ることができることとする」を初適用した。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    8月16日の試合

    話題の記事

    関連サイト