メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

「守備で流れを…」 羽黒・中島、好守連発

【奈良大付-羽黒】八回表奈良大付無死二、三塁、上野の飛球を羽黒の中堅手・中島が飛び付いて好捕する=阪神甲子園球場で2018年8月10日、津村豊和撮影

○奈良大付(奈良)4-1羽黒(山形)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

     「守備で流れを変える」を信条に掲げる羽黒の中堅・中島が試合終盤に好守を連発した。2点のリードを許した八回無死二、三塁、大飛球を真後ろへ走って好捕し、大量失点を防いだ。

     3点差に広がった九回1死二塁では、中前打を処理すると、ワンバウンドの好返球で二塁走者の生還を阻止した。打線は九回に好機を作ったものの敗れた。「もっと先輩と試合をしたかった」と外野の要の2年生は涙が止まらなかった。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    8月16日の試合

    話題の記事

    関連サイト