メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

八戸学院光星9-8明石商 八戸光星、振り切る

【八戸学院光星-明石商】五回表八戸学院光星無死、東が左越えに本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月11日、猪飼健史撮影

第7日(11日・阪神甲子園球場)

 ○…1回戦…○

 午前11時7分開始(観衆4万3000人)

八戸学院光星(青森)

  2401100001=9

  1004003000=8

明石商(西兵庫)

 (延長十回)

 八戸学院光星が打ち合いに競り勝った。延長十回、連続四死球などで2死一、二塁とし、中村の左前打に敵失が絡んで1点を勝ち越した。中村は八回から3番手で登板し、3回無失点と好投した。明石商は一時6点のリードを許しながら、四回と七回の集中打などで追いつく粘りを見せたが、4失策と要所で守備が乱れた。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです