メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

愛工大名電10-0白山 愛工大名電、超攻撃

【白山-愛工大名電】一回裏愛工大名電無死三塁、西脇が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月11日、平川義之撮影

第7日(11日・阪神甲子園球場)

 ○…2回戦…○

 午後5時7分開始(観衆4万人)

白山(三重)

  000000000=0

  30004102×=10

愛工大名電(西愛知)

 愛工大名電が15安打で大勝した。一回、西脇、永井の適時打などで3点先制。五回に5安打で4点、六回は連続短長打で加点した。八回は安井、西脇のソロと効果的に得点した。先発・室田と、五回に救援した秋山の継投で零封。白山は先発・岩田が粘れずに大量失点し、打線は四回まで毎回安打を放ったものの本塁が遠かった。

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです