メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
夏の高校野球

浦和学院 仙台育英を零封

【浦和学院-仙台育英】八回表浦和学院無死、蛭間が左中間に本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月12日、渡部直樹撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第8日の12日、阪神甲子園球場で2回戦4試合。第2試合は、浦和学院(南埼玉)が継投で仙台育英(宮城)を零封。9-0で勝ち3回戦に進んだ。

 浦和学院は初回、四球と安打で2死二、三塁とすると、5番・佐野の右中間を破る2点適時二塁打で先制。三回には2番・矢野の右越え適時三塁打、八回には3番・蛭間が左中間へソロ本塁打を放つなど、リードを広げた。投手陣は先発の渡辺が仙台育英打線に対し6回を投げ3安打無失点。2番手・永島、3番手・美又、4番…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです