メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第100回全国高校野球 熱中症との激闘

 後世に語り継がれる結末になった済美-星稜戦。だが、手放しでは喜べない。激戦の陰で投手の脚がつり、交代せざるを得なくなったからだ。

 好投していた星稜のエース奥川が四回に右のふくらはぎがつった。治療して五回の打席に立ったが、大事を取って交代した。8点を失った八回に登板した竹谷も投球練習中にふくらはぎがつった。星稜は計6人に同じような症状が出たという。

 林和成監督は「新チームでこれまで一人も脚がつった選手はいなかった。これだけ練習していてつるのだから…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです