メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大阪桐蔭 長打攻勢で3回戦進出

【沖学園-大阪桐蔭】四回裏大阪桐蔭無死二塁、藤原が左中間へ適時二塁打を放つ(投手・石橋)=阪神甲子園球場で2018年8月13日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第9日の13日、阪神甲子園球場で2回戦3試合。第1試合は、大阪桐蔭(北大阪)が中盤以降の長打攻勢で沖学園(南福岡)を振り切り、10-4で3回戦に進んだ。

 大阪桐蔭は3-3の同点で迎えた六回、2死から下位打線で満塁の好機を作り、1番・宮崎、2番・青地の連打などで一気に4点を勝ち越し。さらに七回には5番・根尾がバックスクリーンへソロ、八回には4番・藤原が左翼へ2ランを放ち、2ケタ得点を挙げて突き放した。沖学園は二回に先取点を挙げ、五回、六回と2度も追いつき粘りを発揮したが、大阪桐蔭の強力打線に投手陣が踏ん張り切れなかった。

 〇大阪桐蔭(北大阪)10-4沖学園(南福岡)●(13日・阪神甲子園球場、2回戦)

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文813文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです