メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
夏の高校野球

高知商、二回に打者一巡猛攻 慶応降す

【高知商-慶応】二回表高知商2死一、二塁、藤田が右中間に2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月12日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第8日の12日、阪神甲子園球場で2回戦4試合。第4試合は、高知商(高知)が12-6で慶応(北神奈川)を降し、3回戦に進んだ。

 1点を追う高知商は二回に1死二、三塁とすると、慶応の先発・生井の悪送球の間に三塁走者の藤田が生還し同点。さらに2番・西村の2点適時二塁打など、打者一巡の猛攻で計7得点。四回にも1死満塁から7番・藤田の2点適時打などで4点を追加した。慶応は五回に3番・下山の右越え2ラン、九回にも1番・宮尾の…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです