メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第100回全国高校野球

監督対談 龍谷大平安と八戸学院光星、きょう対戦 /京都

チームの現状や相手の印象などを語る(左)八戸学院光星の仲井宗基監督=兵庫県西宮市で、北山夏帆撮影、(右)龍谷大平安の原田英彦監督=京都市伏見区で、矢倉健次撮影

 夏の甲子園に出場している龍谷大平安は大会第11日の15日、第4試合(午後3時半開始予定)の2回戦で八戸学院光星(青森)と対戦する。センバツで過去2014、16年に2回顔を合わせた両校は今大会2勝目をかけてどんな試合を見せるのか。両監督にチームの現状や相手の印象などを聞いた。【矢倉健次、北山夏帆】

打線つなげる 龍谷大平安・原田監督

粘り強く戦う 光星(青森)・仲井監督

 --初戦を振り返っての課題は。

 龍谷大平安・原田英彦監督 100回大会100勝を絶対に達成したかったので、しんどい試合だった。攻守…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文757文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです