メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

横浜8-6花咲徳栄 横浜、止まらない打線 四回6点、名門復活だ

【横浜-花咲徳栄】四回表横浜無死満塁、遠藤が中前2点適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月14日、久保玲撮影

第10日(14日・阪神甲子園球場)

 ○…2回戦…○

 午後2時27分開始(観衆4万5000人)

横浜(南神奈川)

  001601000=8

  100002102=6

花咲徳栄(北埼玉)

 横浜が集中打で得た大量点を守り切った。同点の四回、遠藤の中前2点適時打など5長短打に敵失も絡んで6点を勝ち越した。先発・及川は七回途中4失点で、板川、黒須と早めの継投でしのいだ。花咲徳栄は六回に野村の左越え2ラン、九回も野村の適時内野安打などで2点差に追い上げたが、なお2死満塁で一本が出なかった。

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです