メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

浦和学院6-0二松学舎大付 浦和学院、剛と柔

【二松学舎大付-浦和学院】10奪三振で完封した浦和学院の先発・渡辺=阪神甲子園球場で2018年8月16日、猪飼健史撮影

第12日(16日・阪神甲子園球場)

 ○…3回戦…○

 午前10時29分開始(観衆3万4000人)

二松学舎大付(東東京)

  000000000=0

  00203100×=6

浦和学院(南埼玉)

 浦和学院の先発・渡辺が完封。球威ある直球を武器に10奪三振、5安打に抑えた。打線は三回、中前の適時三塁打、矢野の適時打で2点を先取。五回、3安打に敵失が重なって3点を奪うと、六回にも矢野の中犠飛で加点した。二松学舎大付は先発・海老原から早めの継投で勝機を探ったが、2番手・岸川も集中打を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです