メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
夏の高校野球

大阪桐蔭の中川、逆転の2点適時二塁打

三回裏大阪桐蔭1死一、二塁、中川が左中間に2点二塁打を放つ(捕手・筏)=阪神甲子園球場で2018年8月16日、猪飼健史撮影

○大阪桐蔭(北大阪)3-1高岡商(富山)●(16日・阪神甲子園球場、3回戦)

 大阪桐蔭の3番・中川が昨年の悪夢を払拭(ふっしょく)する逆転の2点適時二塁打を放った。1点を追う三回1死一、二塁、外角の直球を捉えて左中間を深々と破り、「主将として3番として役割を果たせた」。前回大会3回戦、1点リードの九…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです