メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

大阪桐蔭13-2金足農(その2止) 金足農、旋風残して

【金足農-大阪桐蔭】二回表金足農1死一、三塁、打者・菊地彪の時、三塁走者・打川(左)が飛び出し、三本間に挟まれタッチアウト(捕手・小泉)=阪神甲子園球場で2018年8月21日、渡部直樹撮影

 (21日・阪神甲子園球場)

 ■白球を追って

スクイズ伝わらず逸機

 3点を先制された直後の二回、金足農は早くも仕掛けた。1死一、三塁、2ボール2ストライクから菊地彪にスクイズのサイン。「何とか1点欲しかった」という中泉監督の決断だったが、菊地彪はバントの構えをせずに見逃し、スタートを切った三塁走者の打川が挟殺されて試合の流れをつかみ損ねた。

 失敗には理由があった。準決勝の日大三(西東京)戦でスクイズを外され、菊地彪は「サインが見破られてい…

この記事は有料記事です。

残り2726文字(全文2946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです