メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第100回全国高校野球

金足農準優勝 捕球練習、1日300球 菊地捕手、エースの「ありがとう」に涙

五回のピンチにマウンドの吉田輝星投手(左)に駆け寄る菊地亮太捕手=阪神甲子園球場で2018年8月21日、猪飼健史撮影

 「今までありがとう」。金足農の菊地亮太捕手(3年)は、ゲームセットで整列する直前、グラウンドで吉田輝星(こうせい)投手(同)に肩を組まれ、こう言われた。相棒から感謝の言葉を伝えられたのは、これが初めてだった。2人で涙が止まらなかった。「うん、うん」。そう返すのが精いっぱいだった。

 昨秋に新チームが発足し吉田投手と初めてバッテリーを組んだ。同級生ながら、既にエースとして活躍していた右腕は、控えだった自分には一回りも二回りも大きく見えた。配球の指示をしてもずっと首を横に振られた。「信頼されていないな」

 エースの速球にキャッチャーミットのひもはすぐにぼろぼろになった。他の投手より4倍早い1カ月に1度の…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです