メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

重圧から解放 大阪桐蔭・中川泣き崩れる

【金足農-大阪桐蔭】優勝し、アルプス席の応援団にあいさつを終えて大阪桐蔭の西谷監督(右)に抱きかかえられる中川卓也主将=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 大阪桐蔭をまとめた中川卓也主将(3年)は試合後、アルプス席に向かって一礼し、その場で泣き崩れた。昨夏、自らのミスを契機に逆転サヨナラ打を浴び、春夏連覇を逃してから1年。背負い続けた重圧が解かれた瞬間だった。「昨年悔しい負け方をした。皆が主将として受け入れてくれ、ここにいる。最高のチームだった」。次第に笑みがこぼれた。

 2017年8月19日。2年生の一塁手として、最初に春夏連覇に臨んだ甲子園3回戦の仙台育英(宮城)戦…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです